#2020/09/17 縦割りが生じるくらい、『行政機関』はたくさん分かれていたりします。

音源チップ

技術要素
関連用語
 製造物
 └音の技術
  └音響器
   └音源チップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この用語のポイント

・電子音を生成する電子回路だよ

簡単にいうと…

音源チップとは

 電子音を生成/再生する電子回路

という技術要素です。

一般に「音源」と呼ばれ、電子チップにまとめられ、コンピュータやゲーム機、電子楽器などの内部にある電子基盤上に設置されます。

詳しくいうと…

たとえば、電子ピアノの鍵盤は、物理的な音をただちに生じさせる通常のピアノとは異なり、1個のスイッチのようなものです。つまり、押したボタンの先に電子回路がつながっており、ON/OFFに応じて電子的な合成音をピーっと鳴らすわけです。

音源チップは、このピーっという電子音を作り出す電子回路です。

パソコンやゲーム機、携帯電話などでも、こうした音源チップの電子音によって、サウンド/音楽を聴くことができます。

 

代表的な音源チップの種類として、PSG音源FM音源PCM音源などがあります。

それぞれ、電子音を生成する回路内の処理の仕組みが異なるため、音の特徴やデータ容量なども異なります。

 

以上のように音源チップとは、電子音を生成/再生するのに不可欠の電子回路として、今日もわたしたちの携帯電話の着信音や、電子楽器の音色、テクノミュージックなどを支えているのでした。

 

・音源チップは、電子音を生成/再生する仕組みをもった電子回路だよ
・代表的な音源チップの種類に、PSG音源、FM音源、PCM音源などがあるよ
・電子楽器、ゲーム機、パソコン、携帯電話などの基盤上に搭載されてるよ
 

さらに知りたいなら…

ゲーム音楽史(2014年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

ファミコン、スーファミ、プレイステーションなど、日本ゲーム史における音源の発展を描く、独特の1冊です。

音源チップの種類と性能に応じて、わたしたちの遊んできたゲームがどんな音楽を届けてくれていたのか、理解できそうですね。目次はこちらのサイトをご覧ください。

 

つまり…

音源チップとは

 電子音をさまざまな方式で生成/再生する電子回路

という技術要素なわけです。

 

で、けっきょく具体的にどうやって電信がチップ内で創り出されておるんじゃ? 手抜きじゃぞ、回路図を説明せぃ!

歴史のツボっぽくいうと…

  • 1980年代
    コンピュータへのPSG音源の採用
    初期のパソコンやアーケードゲーム、携帯用ゲーム機にPSG音源チップが搭載される。以降、CPUが直接スピーカーに信号を送っていた(ビープ音のような)従来の方式から、音源チップによる音声再生が一般化する。

  • 1980年代
    ポピュラー音楽でのFM音源の採用
    スタンフォード大学で開発されたFM音源を日本の日本楽器製造(現 ヤマハ)がライセンスを受け実用化し、ポピュラー音楽をはじめ、パソコンやゲーム機、携帯電話などに広く利用されはじめる。

  • 1980年代
    PCM音源搭載のシンセサイザー登場
    PCM音源搭載のシンセサイザーが世界各地で開発される。

  • 1990年代
    家庭用ゲーム機へのPCM音源搭載
    日本でスーパーファミコンやプレイステーションなどの家庭用ゲーム機などにPCM音源が搭載される。

 

 

<参考文献>(2019/08/15 visited)

音源 - Wikipedia
Programmable Sound Generator - Wikipedia
FM音源 - Wikipedia
PCM音源 - Wikipedia
https://www.piano-navi-start.com/e-pf/denshi-piano-shikumi/
ヤマハ | スペシャルコンテンツ - 製品情報
ピコピコ音だけじゃない 動画で見る80年代コンピューターサウンドの歴史。ビープ音から矩形波、FM音源そしてPCMへ - Engadget 日本版
  レトロガジェットをテーマに活動する「The 8bit-Guy」が、80年代コンピューターサウンドの仕組みを解説する動画を公開しました。ビープ音に始まり矩形波、FM音源、PCM音源に至るまでを9分弱で解説しています。  
音の源のおはなし
電子音の変遷 80~90年代のレトロ音源の魅力 - 回る背骨
ファミコンのピコピコサウンドや、ゲームセンターやレジャー施設のアーケードコーナーで鳴っていた音、携帯電話の着信メロディなど、80年代から90年代にかけて、街中にチープなデジタル音が溢れていた。素朴なものもあれば、ギラギラしたものや、繊細で美しい音まで、今思えば独特な魅力を持っていたように思います。 アナログからデジタル...
タイトルとURLをコピーしました