#2020/09/17 縦割りが生じるくらい、『行政機関』はたくさん分かれていたりします。

加湿器

技術個体
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この用語のポイント

・水分を空気中に放散して、室内の湿度を高めるよ

簡単にいうと…

加湿器とは

 水分を空気中に放散して、室内の湿度を高める装置

という技術個体です。

詳しくいうと…

冬場は室内でも乾燥するため、お肌がカサカサしたり、風邪ウィルスが繁殖しやすく、またわたしたちの粘膜(防御機構)も低下しやすくなります。

そんな室内湿度を高めるのが加湿器です。

主に蒸気式、超音波式、気化式などの仕組みがあります。

ひとつひとつ概覧してゆきましょう。

蒸気式

蒸気式の加湿器は、機器内部の水を温めて、蒸気として室内へ放散する方式です。

電熱器によって水を温めます。

 

 

 

 

 

超音波式

超音波式の加湿器は、機器内部の水に超音波振動を与えてブルブル震えさせ、その運動で霧を起こして放散する方式です。

圧電振動子と呼ばれる電子回路素子がブルブル震えます。

また、この超音波式に限った話ではありませんが、フロートスイッチと呼ばれる、水タンクの水位を把握する検知器を用いて、外部から給水する仕組みが併設されている場合もあります。

 

フロートスイッチ
フロートスイッチは、フロート(浮き)を使って水位の変化を感知するよ

気化式

気化式の加湿器は、ファンの風で機器内部の水を気化させ、風に乗せて、そのまま室内へ送風する仕組みです。

気化させやすいよう、吸水フィルターがファンの前に設置されています。

 

 

 

 

ファン
ファンは、回転翼(ブレード)によって空気の吸い込み・送風を行なうよ。

 

 

以上のように加湿器は、機器内部の水を、温めて蒸気にしたり、ブルブル震えさせて霧にしたり、風を送って気化させたりしながら、室内へ水分を放散させることで、冬場のわたしたちに湿度を供給してくれているわけでした。

 

・加湿器は、水分を空気中に放散して、室内の湿度を高めるよ
・蒸気式、超音波式、気化式などの仕組みがあるよ
 

さらに知りたいなら…

空気調和ハンドブック(2008年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

ハンドブックではありますが、空気調和について、その思想、熱負荷計算、空気調和計算、熱源装置(熱交換器や冷凍機、除湿器や加湿器など)、自動制御方法など、500ページ近くに渡って広く知ることができます。個々の製品の詳細はそこまで詳しくないかもしれません。目次はこちらのサイトをご覧ください。
 

つまり…

加湿器とは

 水分を空気中に放散して、室内の湿度を高める装置

という技術個体なわけです。

 

風で水を気体化させることができるなら、うちわで水をあおいでもええんかのぅ?

歴史のツボっぽくいうと…

  • 1926年
    蒸気式加湿器の発明
    アメリカのマックス・カッツマンが、息子の病気治療のため、室内湿度を高めようとヤカンに火をかけていたところ爆発。これをキッカケに電気供給による蒸気式加湿器を開発、加湿器メーカーKaz社を創設する。

 

 

<参考文献>(2019/03/21 visited)

加湿器 - Wikipedia
Kaz Incorporated - Wikipedia
第158回 冬場の強い味方 〜加湿器もハイブリッド〜
No.44 超音波で霧をつくり出す加湿器のしくみ
加湿器その1。超音波加湿器、気化式加湿器の仕組みと特徴 - 元修理屋が選ぶおすすめ家電
修理屋の目から見た家電製品の比較と家電選びのポイントをお話します。
タイトルとURLをコピーしました