#2020/09/17 縦割りが生じるくらい、『行政機関』はたくさん分かれていたりします。

農業機関

社会機関
スポンサーリンク
スポンサーリンク

簡単にいうと…

農業機関とは

 農産物の生産・販売にかかわる組織

という社会機関です。

詳しくいうと…

農業の機関とは?

農産物には、それを生産する側と、消費する側、それぞれに応じた社会機関があります:

 

生産者側の機関

生産者側には、何といっても農家さんたちや、植物工場の管理企業がいます。

畑や田んぼを管理して、野菜・果物が上手く実るまで丹念にフォローします。

 

そして、農家さんをさらにフォローする農業協同組合(JA)が、

営農指導・融資・肥料/農薬/農業機械を供給してくれます。

 

また、この農業協同組合(JA)をさらにさらにフォローする農林水産省は、

農産物の供給量調整、安全管理、農業の機械化・IT化推進などを支えています。

 

消費者側の機関

収穫された農産物が、わたしたち消費者のもとまで届くまでのルートには、

農業協同組合(JA)卸売業者小売店(スーパーなど)などが介在しています。

 

農産物の供給の仕組み

農家・植物工場にとって、農産物の販売ルートは、主に3種類あります。

(1)農協出荷

多くの農家さんが利用している通常ルートです。販売は農協に任せられるメリットと、仲介者が多いため高価格になるデメリットがあります。

(2)契約出荷

農家・植物工場が、特定のスーパーやレストランなどと契約を結び、出荷する形態です。手間はかかりますが、出荷量と売価を直接把握できるメリットがあります。

(3)直売・ネット通販

農家・植物工場が、私有地/道の駅/ネットなどを通じて、農産物を直接消費者へ販売する形態です。この場合、低価格に抑えられるメリットの一方、個々の販売量が限られるため売れ残り管理のデメリットがあります。

 

以上のように農業機関は、農産物の生産・消費の仕組みを支えるメカニズムとして、今日もわたしたちの家庭へ野菜や果物を届けてくれているのでした。

 

・農業機関とは、農産物の生産・販売にかかわる組織だよ
・農家、植物工場、農業協同組合、農林水産省、卸売業者、小売業者などの機関があり、相互に機能しあって農産メカニズムを支えているよ
 

さらに知りたいなら…

図解でよくわかる 農業のきほん(2015年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

野菜・果樹・花き分野それぞれの農業の歴史や文化、栽培技術や品種、流通の仕組みをイラストつきで解説する1冊です。

目次はこちらのサイトをご覧ください。

 

つまり…

農業機関とは

 農産物の生産・販売にかかわる組織

という社会機関なわけです。

 

今日の晩御飯はカレーにしようかのぅ!

歴史のツボっぽくいうと…

  • 紀元前24世紀頃
    農業の興り
    イスラエルのガリラヤ湖岸で、23,000年前の農耕の痕跡(オオムギ、ライムギ、エンバク、エンメル麦)が発見される

  • 紀元前6~5世紀頃
    日本の稲作の興り
    日本の縄文時代中期に、稲作が行なわれ始める

  • 1838年
    世界初の農業協同組合
    日本の江戸時代に、農政学者・大原幽学が、先祖株組合という農業協同組合を世界で初めて創設する

  • 1900年
    全国規模の農業組合
    日本の明治時代に、他国の協働組合などを参考に、産業組合法が成立、以降全国の農村に普及する。のちに帝国農会、農業会へと改組される

  • 1948年
    農業協同組合の発足
    日本の戦後の農地改革において、当時の深刻な食糧難において食糧を統制・管理する必要から、それまでの農業会を改組する形で農協が発足、今日にいたる

 

 

<参考文献>(2020/08/05 visited)

農業 - Wikipedia
農業協同組合 - Wikipedia
農林水産省 - Wikipedia
植物工場 - Wikipedia
農業の歴史 - Wikipedia
米 - Wikipedia
大原幽学 - Wikipedia
産業組合 - Wikipedia
農業マーケティングの今 - 流通ルート拡大で儲かる農家に | ジブン農業
農業はマーケティングによって流通ルートが拡大し、より儲かるビジネスの形を生み出しています:卸売市場に出荷する流通から、ネット通販や道の駅での直接販売、スーパーやレストランへの契約出荷へ…JAに卸すだけではない、マーケティングの変革を紹介。

 

タイトルとURLをコピーしました