#2020/09/17 縦割りが生じるくらい、『行政機関』はたくさん分かれていたりします。

マイク

技術要素
関連用語
 製造物
 └音の技術
  └収録器
   └マイク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この用語のポイント

・音声を電気信号へ変換するよ

簡単にいうと…

マイクとは

 音声を電気信号へ変換する

技術要素です。

マイクロフォン(microphone)の通称となります。

詳しくいうと…

仕組みと構造

当初は固定電話に搭載されていたマイクも、いまではカラオケボックスのほか携帯電話やパソコンなど、日常生活のいたるところで見られるようになりました。

 

そんなマイクの大まかな構造は左図の通りです。

ヘッドカバーの中を覗いてみると、ダイアフラム(振動板)の奥にコイル永久磁石があります。

 

 

音声が空気振動としてやってくると、それに合わせてダイアフラムが振動し、内部のコイルに微振動を与えて動かします。

コイルが動くと、誘導電流が生じます。

この強弱のある電流を出力することによって、音声を電気信号へと変換します。

 

 

 

上図では、マイクの代表的な仕組みであるダイナミック型(ムービング・コイル型)を紹介しました。

ほかにも、コンデンサ型、カーボン型、圧電型など種類がありますが、いずれも音声の振動をダイアフラム(振動板)や電極へ伝えて、電磁場を変化させることで、音声を電気信号へ変換させている点では同じです。

 

以上のようにマイクは、音声の空気振動をマイク内部の電磁場変化へと結びつけることで、今日もわたしたちの声をスピーカーで響かせたり、遠くの誰かに電話回線/インターネット回線通じて伝えているのでした。

 

・マイクは、音声を電気信号へ変換するよ
・音声の空気振動でダイアフラム(振動板)や電極に微振動を与えて、内部の電磁場を変化させることで、音声を電気信号へ変換するよ
 

さらに知りたいなら…

PA入門(2012年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

不特定多数への拡声(PA:Public Address)技術について、音や電気的性質の基礎にはじまり、音響機器全般、ケーブルや端子の種類、そしてPA業務の仕事内容など、音響について幅広く解説する1冊です。

比較的まとまった内容なので、音響についてしっかり学びはじめたい方向けにおススメです。

 

つまり…

マイクとは

 音声を、その空気振動によって内部の電磁場を変化させることで、電気信号へ変換する

技術要素なわけです。

 

わしが幼かった頃、マイクといえばカラオケボックスにあるというイメージじゃったが、思えば固定電話や携帯電話の送話部分にも、それにいまではパソコンにもこのマイクが内蔵されておるんじゃなあ。いたるところで会話が繰り広げられる、不思議な時代になったわぃ。

歴史のツボっぽくいうと…

  • 1857年
    フォノトグラフの発明
    フランスの技術者エドワール=レオン・スコット・ド・マルタンヴィルが、音声の波形図を紙上で描くフォノトグラフを発明する。

  • 1875年
    電話の特許
    スコットランド生まれの発明家アレクサンダー・グラハム・ベルが、空気を媒体にして音声を電気信号へ変換する、ダイナミック型マイクを用いた電話の特許を申請する。

  • 1876年
    水媒体のマイクの特許
    アメリカの発明家イライシャ・グレイが、水を媒体にして音声を電気信号へ変換する装置の特許を申請する。

  • 1877年
    カーボン型マイクの発明
    アメリカの発明家トーマス・エジソンが、通電させた炭素板に加える圧力を変化させると電気抵抗値が変化することを発見し、カーボン型マイクを発明する。

 

 

<参考文献>(2019/08/15 visited)

マイクロフォン - Wikipedia
アレクサンダー・グラハム・ベル - Wikipedia
フォノトグラフ - Wikipedia
No.35 小型化を可能にしたマイクロホンの技術系譜
マイクロホンを識る|マイクロホンナビ|マイクロホン|オーディオテクニカ
【オーディオテクニカのマイクロホンナビ】マイクの構造と種類、マイクに備わる性格のひとつ「指向性」。マイクロホンに関する基本的な事柄をわかりやすく説明します。
小林理研ニュースNo.32_2
タイトルとURLをコピーしました