#2020/09/17 縦割りが生じるくらい、『行政機関』はたくさん分かれていたりします。

神社

構造物
関連用語
 構造物
 └建築物
  └建築体
   └神社
スポンサーリンク
スポンサーリンク

簡単にいうと…

神社とは

 神道の祭祀施設

という構造物です。

鳥居、狛犬、神楽殿、社務所、拝殿など多くの構造物が神社境内にはありますが、ここでは本殿について説明します。

詳しくいうと…

本殿(神殿)とは、神の依り代である御神体を祭る、神社境内の中心的な建築物です。

下図は、最も古い建築様式である神明造による本殿の構造図です。

神明造は、弥生時代の高床式倉庫から発展した構造といわれています。

柱を直接地面の穴に立てる掘立柱、二つの平面を山状に設置する茅葺/板葺の切妻屋根、建物の長辺に出入り口をつける平入りなどが特徴です。

 

ちなみに、日本の国技である相撲の土俵上空には、この神明造の切妻屋根が吊り下げられている場合があります。

これは、相撲が神事であったことに由来しています。もともとは柱もあったそうなのですが、観戦の邪魔になるので取り去られ、屋根だけが残ったそうです。

 

 

以上のように神社の本殿は、弥生時代以来の建築様式を受け継ぎながら、全国各地で御神体を祀っているわけでした。

 

・神社は、神道の祭祀施設だよ
・本殿(神殿)は、掘立柱、切妻屋根、平入りが特徴だよ
・相撲の土俵上にも神明造の切妻屋根があるよ
 

さらに知りたいなら…

伝統木造建築を読み解く(2006年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

神社・寺に代表される日本の伝統木造建築について、その歴史、特性、保護の観点から語る1冊です。

木造建築に興味があれば一読してみてはいかがでしょうか? 目次はこちらのサイトからご覧ください。

 

つまり…

神社とは

 神道の祭祀施設

という構造物なわけです。

 

日本建築といえば瓦屋根が多いが、たまに神社で茅葺屋根や板葺屋根を見かけると、農業が中心じゃった弥生時代当時のひとびとの生活に思いを馳せてしまうのぉ。

歴史のツボっぽくいうと…

  • 紀元前10世紀~3世紀頃
    高床式倉庫の普及
    日本の弥生時代に、高床式倉庫が普及する

  • 3世紀~4世紀頃
    神明造の神社建築
    日本の三重県・伊勢神宮に、神明造の内宮が建築されたとされる

 

 

<参考文献>(2019/10/22 visited)

神社 - Wikipedia
神社建築 - Wikipedia
神明造 - Wikipedia
社殿の建築|神宮について|伊勢神宮
社殿の建築についてご紹介します。日本古来の建築様式を伝える唯一神明造。その簡素な直線美と素木の美しさをご堪能ください。お伊勢さんとして親しまれる伊勢神宮へぜひお参りください。
タイトルとURLをコピーしました