#2020/09/17 縦割りが生じるくらい、『行政機関』はたくさん分かれていたりします。

構造物

親カテゴリ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

簡単にいうと…

構造物とは

 自重や荷重、応力を支える形態・構造を備えた

生産された技術です。

詳しくいうと…

構造物の成り立ち

木の棒を組み合わせて、立方体をつくります。

板を乗せれば、ホモ・サピエンスの体重や作業用具を乗せられますし、

もっとサイズが大きければ、ホモ・サピエンスたち自身を囲って雨風をしのげます。

これらの立方体は、「椅子」「机」「家」などなど、と名付けられてきました。

あるいはひとまとめに、構造物と呼ばれます。

 

これら構造物は、簡単に壊れてしまうと困ったことになるので、

丈夫な素材を用いて、丈夫な構造で組み立てられます。

こうして、はじめはその地域で得られやすい素材、たとえば樹木や他の植物、レンガ、石などの素材が用いられてきましたが、時代を経るごとにコンクリートやアスファルト、鋼鉄などの素材が用いられ、またそれら素材に応じた構造の組み立て方が試みられてきました。

今日では、どれだけ風雪や地震、自らの重さに耐えられるのかをあらかじめ考える構造計算によって、これら構造物が倒壊することはめったになくなりました。いまや、数百メートルにも及ぶビルや電波塔が建設され、都市や街の在り方を方向づけているほどです。

 

構造物の場所についていうと、それらは特異点正則点にのっとって設置されます。

山頂(城塞)、岬の先端(灯台)、道の交差点(信号機)、油田の上(油田プラットフォーム)など、地理的世界における諸々の特異点が、特定の構造物を設置するよう手招きしています。

他方、道路沿いに一定間隔で点在する街灯や、碁盤の目のように区切られた住宅街、郵便局のいつも決まって正面にある郵便ポストなどは、ホモ・サピエンスの頭の中で関連づけられた正則点に設置されることで、利便性や効率を増してくれます。

 

求められる場面に応じて多様な機能をそれぞれ備える構造物ですが、共通点がひとつあります。

それは、構造体である以上、諸々の力を折衝する、という共通の機能です。

一軒の家は、風圧に耐え、雨水をはじき、地面の振動を上手くいなしています。ベッドや棚、滑り台やブランコ、クレーンや配管も同様です。

ホモ・サピエンス自体でさえ、構造体にとっては荷重を負荷しにくる流れのひとつにすぎません。そのうえ、風雨の流れ、地殻変動の流れ、水や電気の流れ、信号や光の流れ、自動車や列車、航空機の流れなどを構造体はさばかなくてはいけません。

不動であるからこそ、構造体は流れの折衝から切り離せないのです。

「構造物は何のためにあるのか」と問われたなら、その答えは以下の通りです:構造物は、ある流れの向きを変え、滞留させ、分散させるために存在している、と。ホモ・サピエンス、あるいは生物一般は、みずからの生存本能や好奇心に導かれて、所与の自然的構造やみずから作り出した構造によって、流れと接続し、流れを目の届く範囲内でコントロールしてきました。

今晩、家のベッドでわたしたちが眠るとき、家やベッドという構造物にとってそれは、ホモ・サピエンスの流れの滞留であり、その滞留を実現しているのが家やベッドといった構造物にほかなりません。自動車にとっての駐車場、コンテナにとってのコンテナヤード、水にとっての貯水池も同様です。

構造物は、逆説的にも、「流れの技術」です。

 

構造物の種類

これら構造物は、以下のように大別されます:

 ・建築物

   …ひとが居住・滞在するための構造物

 ・構築物

   …ひとが居住・滞在しない構造物

 

それぞれ概覧してみましょう。

建築物

建築物は、ひとが居住・滞在するための構造物です。

住宅やビル、寺社や教会、空港や灯台などがあります。

これら建築物はそれぞれ、基礎、柱、梁、階段などの基本的な建築部材から構成されています。

 

 

 

構築物

構築物は、ひとが居住・滞在しない構造物(建築物以外の構造物)です。

家具・市街・交通(道路、鉄道、港湾、航空)・エネルギー関連設備など、多様な分野それぞれにたくさんの種類があります。

 

 

 

 

・構造物は、自重や荷重、応力を支える形態・構造を備えた生産された技術だよ
・構造物は、特定の素材と構造を備え、特異点や正則点に設置され、いろんな流れを折衝するよ
・構造物は、ひとの居住・滞在の有無に応じて、建築物と構築物に大別されるよ
 

さらに知りたいなら…

建物できるまで図鑑 木造住宅(2018年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

木造住宅ができるまでの過程を、基礎・柱・梁・屋根などにわたって、豊富やイラスト&写真付きで解説するおススメの1冊です。

目次はこちらのサイトからご覧ください。

建物できるまで図鑑 RC造・鉄骨造(2013年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

ビルができるまでの過程を、基礎・壁・スラブ(床面)などにわたって、豊富やイラスト&写真付きで解説するおススメの1冊です。

目次はこちらのサイトからご覧ください。

 

つまり…

構造物とは

 自重や荷重、応力を支える形態・構造を備えた

生産された技術なわけです。

 

自重を支える、という点だけみれば、空間内に物質として存在しているあらゆる物もあてはまってしまいそうじゃのぅ。実際、どんな物もその分子構造によって形を保っているわけじゃし。定義がむつかしいのぉ。
あと、皿やコップはどうなんじゃ?

歴史のツボっぽくいうと…

【建築物】

  • 紀元前40万年頃
    最古の住居建築
    フランスのテラ・アマタ遺跡で大きな楕円形の住居の柱の穴が発見され、当時ヨーロッパにいたホモ・ハイデルベルゲンシスによる建築とされる

  • 紀元前10世紀~紀元後3世紀頃
    日本最古の階段
    日本の弥生時代に、棒に凹凸をつけて階段として用いられた丸棒階段が用いられる

  • 紀元前10世紀~紀元後3世紀頃
    高床式倉庫の普及
    日本の弥生時代に、高床式倉庫が普及する

  • 紀元前5万年~1万年頃
    日本で最古の住居建築
    日本の後期旧石器時代に竪穴式住居が造られはじめる

  • 3世紀~4世紀頃
    神明造の神社建築
    日本の三重県・伊勢神宮に、神明造の内宮が建築されたとされる

  • 1198年
    現存する日本最古の木杭
    源頼朝の家来だった武将 稲毛重成が、相模川(現在の神奈川県茅ケ崎市)に木杭を用いた「旧相模川脚」を築く

  • 1867年
    RC造の発明
    フランスの庭師ジョセフ・モニエが、鉄筋によって補強したコンクリート製の植木鉢について特許を取得する

  • 1903年
    日本のRC造の構造物
    日本の琵琶湖疎水でRC造の橋梁が建設される

  • 1908年
    日本で最初の鋼杭
    大阪の高麗橋に、日本で初めて鋼杭が用いられる

 

 

【構築物】

  • 約30万年前
    炭の利用
    日本の約30万年前の遺跡から炭が発見される

  • 紀元前4000年頃
    石造アーチ橋の建造
    古代メソポタミア文明で石造のアーチ橋が架けられる

  • 紀元前2800年頃
    椅子の発達
    古代エジプトで装飾の施された椅子が作られる

  • 紀元前2750年
    人類最初のダム
    エジプトで人類最初のダム「サド・エル・カファラダム(異教徒のダム)」が上水道用途で建造される

  • 紀元前2600年頃
    大規模な舗装路
    古代エジプトで、ピラミッド建設のため石切場から建設現場までの道が石で舗装される

  • 紀元前25~19世紀頃
    都市水道の敷設
    インダス文明の都市モヘンジョダロで、井戸から揚水した水が水道管を通して給水される

  • 紀元前2200年頃
    レンガ橋の建造
    古代都市バビロンでユーフラテス川に全長200mのレンガ橋が架けられる

  • 紀元前1900年頃
    古代ローマ帝国の水道橋
    古代ローマ帝国の各地で、水道を通すための橋が建造される

  • 紀元前1600年頃
    セメント舗装路の登場
    古代ギリシャのクレタ島で、セメントやモルタルを基礎部素材にした石の舗装路が造られる

  • 紀元前8~6世紀頃
    オリーブ圧搾機の登場
    古代ギリシャでオリーブをプレスする圧搾機(スクリュープレス)が利用される

  • 紀元前7世紀頃
    スクリューの使用
    アッシリア王国の国王センケナブリの残した楔文字文書に、スクリューの記述が残される

  • 紀元前600年頃
    荷馬車用の溝
    古代ギリシャのコリントス地方で、馬車が石灰岩の溝の上を走行する

  • 紀元前5世紀頃
    アスファルト舗装路の登場
    古代メソポタミアの都市バビロンで、アスファルトとモルタルで詰めたレンガ基礎の上を石で舗装した舗装路が造られる

  • 紀元前450年
    クレーンの登場
    古代ギリシャで、梃子と滑車を利用した人力のクレーンが石造建築のために用いられる

  • 紀元前3~紀元後5世紀
    古代ローマの水道網
    古代ローマで多数の水道が整備され、1日100万m3以上の給水量を誇る

  • 6世紀頃
    橋建設の支保工
    古代ローマ帝国・リミラ(現 トルコ南西部)で、支保工を用いた橋(「リミラ近くの橋」)が建設される

  • 9世紀~12世紀
    日本での木炭の普及
    日本の平安時代に、山林部を中心に炭焼きが広く行なわれる

  • 1300年代頃
    ドイツの古クレーン
    ドイツのハノーヴァー州リューネブルグで、古クレーンと呼ばれる、チェーンを巻き取るドラムを人力で回して吊り下げするピポット型のクレーンが造られる

  • 16世紀
    森林資源の枯渇
    イギリスで、製鉄用途の木炭需要の高まりにより、森林伐採が深刻化する

  • 1500年頃
    ダ・ヴィンチとネジ
    イタリアの工学者・芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチが、装置制作時の締結用にネジを用いる

  • 16世紀中頃
    ネジの普及
    ヨーロッパでさまざまな装置にネジが利用され、家内工業としてネジ製造が行なわれる

  • レールに鉄が使用される
    イングランドのカンバーランドで、木製基盤上に薄い帯状の鉄を張り付けたレールが造られる

  • 1800年
    精密なネジの普及
    イギリスの技術者ヘンリー・モーズリーが、鋼鉄製のネジ切り用旋盤を発明し、精密なネジが量産されることでその後の産業革命に寄与する

  • 1831年
    現在のレールの原形
    アメリカの技術者ロバート・スティーブンスが、現在使用されるレールの原形となる平底のレールを発明する

  • 1909年
    最初期の空港
    アメリカのメリーランド州で、技術者ウィルバー・ライトがカレッジパーク空港を開設する

  • 1913年
    多目的ダムの法律
    プロイセン(現 ドイツ)で、治水と利水双方の機能を備えた多目的ダムに関する法律「プロイセン水法」が制定される

  • 1916年
    最初のコンクリート舗装の滑走路
    フランスのクレルモンフェランで、最初のコンクリート舗装された滑走路が造られる

  • 1917年
    アメリカのダム建設
    アメリカで「洪水防御法」が制定され、ダム建設や河川改修が行なわれる

  • 1935年
    調節可能な鉄柱
    スイス生まれの技術者ウィリアム・A・デ・ヴィジエが、長さの調節可能な鉄柱を設計し、支保工の柔軟な設置に貢献する

  • 1938年
    アメリカのスペリオル石油会社が、メキシコ湾岸の油田上に世界初の石油プラットフォームを建設する

  • 1942~1943年
    海上要塞の建造
    第二次世界大戦中、イギリスの陸軍・海軍が、テムズ川・マージ―川河口に、海上要塞「マンセル要塞」を建造、その後の石油プラットフォームの構造に影響を与える

 

 

<参考文献>(2019/11/09 visited)

構造物 - Wikipedia
建築物 - Wikipedia
構築物 - Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました