#2020/09/17 縦割りが生じるくらい、『行政機関』はたくさん分かれていたりします。

Webサービス

親カテゴリ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

簡単にいうと…

Webサービスとは

 コンピュータネットワークを介して、Webアプリサーバがクライアント端末へサービスを提供する

プログラムの総称です。

詳しくいうと…

Webサービスは、Webアプリサーバの提供するサービス全般を指します。

「ネット(Webサーバ)につながっていない端末では十分に利用できないアプリ」を思い浮かべると分かりやすいです。

 

 

Webサービスの種類

Webサービスにはたくさんの種類があります。

主なWebサービスを見てみましょう。

 

検索エンジン

検索エンジンは、インターネット上に数多あるWebサイトを、ユーザーに検索させてくれるWebサービスです。

 

 

 

ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)

ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)は、インターネット上で社会的交流を行なわせてくれるWebサービスです。

 

 

電子商取引サービス

電子商取引サービスは、インターネット経由でお買い物をさせてくれるWebサービスです。

 

 

 

ブログサービス

ブログサービスは、インターネット上でユーザーに日記や記事などを投稿・共有させてくれるWebサービスです。

地理情報サービス

地理情報サービスは、地理情報(地図、地形図、航空写真など)を参照させてくれるWebサービスです。

オンラインストレージサービス

オンラインストレージサービスは、Webアプリサーバ経由で運営会社のDBサーバ上にユーザーの作成した文書・画像などデータを保存させてくれるWebサービスです。

マッチングサービス

マッチングサービスは、需要者と供給者をインターネットを介して仲介するWebサービスです。特技を活かした仕事や、ボランティア、結婚紹介などがあります。

動画共有サービス

動画共有サービスは、インターネット経由で動画をユーザー同士で共有させてくれるWebサービスです。

オンラインゲームサービス

オンラインゲームサービスは、Webアプリサーバ上のゲームソフトを、インターネットを介してユーザー端末(Webブラウザなど)でプレイさせてくれるWebサービスです。

 

 

以上のようにWebサービスは、Webサーバとクライアント端末間をつなぐことで、日々さまざまな便益をわたしたちクライアントユーザーへ提供しているのでした。

 

・Webサービスは、Webアプリサーバがクライアント端末へ提供するサービスだよ
・検索エンジン、電子商取引、SNSなどたくさんの種類があるよ
 

さらに知りたいなら…

ネットワークはなぜつながるのか(2006年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

Webブラウザ・TCP/IP・LAN・インターネット・Webサーバなどの基本的な仕組みを、イラストつきでわかりやすく、けれどしっかりと解説してくれる1冊です。

(わたしも高校時代、このシリーズにはお世話になりました。いまAmazonで目次を見返していると、また読みたくなってきました)

 

つまり…

Webサービスとは

 コンピュータネットワークを介して、Webアプリサーバがクライアント端末へサービスを提供する

プログラムの総称なわけです。

 

いまやパソコンやスマホのどのアプリがオンライン向けで、どれがオフライン用なのかもよぅわからんわぃ。

歴史のツボっぽくいうと…

  • 1968年
    ハイパーテキストの登場
    アメリカの思想家テッド・ネルソンと発明家ダグラス・エンゲルハートらが、それぞれハイパーテキストを実装したシステムを開発する

  • 1989年
    HTMLの登場
    イギリスの計算機科学者ティム・バーナーズ=リーが、HTMLやHTTPなどを提案しコード化する

  • 1991年
    最初のWebブラウザ
    イギリスの計算機科学者ティム・バーナーズ=リーが、最初のWebサーバ&ブラウザ「WorldWideWeb」を公開する

 

 

<参考文献>(2019/09/29 visited)

ウェブアプリケーション - Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました