#2020/09/17 縦割りが生じるくらい、『行政機関』はたくさん分かれていたりします。

金属器

制作物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

簡単にいうと…

金属器とは

 有用な形となるよう加工された金属

という制作物です。

詳しくいうと…

金属器の歴史

金属は、木材・岩石・粘土に次いで、人類の一時代をいまも築いている物質です。

とっても硬く、摩耗や腐食に比較的強いため、激しいエネルギーに晒される部品としてなくてはならない材料です。

 

そんな金属が、天然石としてではなく鋳造されて本格的に利用されはじめたのは、紀元前3500年以降の青銅(銅+錫の銅合金)、そして紀元前1500年以降の鉄(鉄+炭の鋼合金)です。すでにそんな昔から、金属を融かす高温をホモ・サピエンスはコントロールしていました。

以来、金属は私たちの文明生活を根底から支える物質となってゆきます。

金属器の種類

金属器には、たとえば以下の種類があります:

 

 ・武器&兵器

 ・農具&木工具

 ・機械部品

 ・電子部品

 ・構造部材

金属器の材料

多くの場合、金属器に用いられる金属は、鉱山から採掘された天然石のままではなく、その後に他金属と融かし合わされた合金です。

この合金化により、純度を高め、強度や耐食性などの有用な特徴を表出させることができます。

鉄合金、合金鋼、銅合金、アルミ合金、ニッケル合金など、多様な合金がいまも開発されつづけています。

 

合金について、詳しくは下記記事も参照ください:
合金
複数の元素を混ぜ合わせて強力になった金属だよ

金属器の制作

金属器の制作には、下記3種類が挙げられます:

 

 ①成形

 ②切削

 ③接合

 

 

 

 

以上のように金属器は、建物の骨組みから電子部品にいたるまで、大小問わず今日の私たちの現代生活が上手く回るよう、あらゆる場面で支えてくれているわけなのでした。

 

・金属器とは、有用な形となるよう加工された金属だよ
・とりわけ鉄合金は、古代国家から現代文明まで幅広く用いられてきたよ
・金属器の制作には、成形・切削・接合のプロセスがあるよ
 

さらに知りたいなら…

よくわかる 最新 金型の基本と仕組み(2018年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

金属製品における金型の重要性にはじまり、金型の種類・設計・加工などを解説する1冊です。

ふだん馴染み深い金属製品がどのような過程を経て生まれているのか、理解を深める良い機会になりそうですね。

 

つまり…

金属器とは

 有用な形となるよう加工された金属

という制作物なわけです。

 

とっても硬い鉱石を、よく古代の人々は「溶かしてやろうぜ!」と思いついたもんじゃわぃ。普通の火じゃと歯がたたんから、より高温を生み出すふいごなどの技術が派生的に生み出されていったんじゃぞ。

歴史のツボっぽくいうと…

  • 紀元前8700年前頃
    金属の利用
    メソポタミア地方で、紀元前8700年前頃の純銅製ペンダントが出土される

  • 紀元前5500年前頃
    精錬の開始
    ペルシャで、銅鉱石を加熱して銅元素を抽出する精錬が行なわれる

  • 紀元前3600年前頃
    銅合金の発明
    メソポタミア地方で、銅-錫合金(青銅)が発明される

  • 紀元前2500年前頃
    製鉄の普及
    アナトリア半島(現在のトルコ周辺地域)で製鉄技術が普及する

  • 紀元前1400年前頃
    鉄合金の発明
    ヒッタイト帝国(現在のトルコ周辺地域)で、鉄に炭を添加した鉄合金(鋼)が発明される

  • 1000~300年前頃
    日本への金属器輸入
    日本の弥生時代に、青銅器と鉄器の技術が大陸から伝わる

 

 

<参考文献>(2020/05/02 visited)

金属器 - Wikipedia
金属加工 - Wikipedia
青銅器時代 - Wikipedia
鉄器時代 - Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました