#2020/09/17 縦割りが生じるくらい、『行政機関』はたくさん分かれていたりします。

工芸品

親カテゴリ
関連用語
 制作物
 └実用品
  └工芸品
   ├織物
   ├衣服
   ├木工品
   ├金属器
   ├陶磁器
   ├皮革製品
   ├紙製品
   ├宝飾品

   ├ガラス工芸品
   ├楽器
   └3Dクラフト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

簡単にいうと…

工芸品とは

 特有の形態によってエネルギー上の機能をもち、手作りされることの多い物

という制作物です。

一般には「芸術的意匠の施された実用品」と定義されますが、ここでは芸術品ではなく実用品としての、つまり道具としての工芸品について説明します。

詳しくいうと…

工芸品の歴史

木に果実がなっているけれど、手が届かないので、木の棒を作ります。

あるいは、寒い時期に備えて、厚手の布を縫います。

あらゆる物には、こうした工夫(芸)が介在しています。大量生産されているどんな物だって、その歴史の黎明期では手作りだったのです。

現在では、工場オートメーションの発達に伴い、手作りを不可欠とする物は減っていますが、その代わりにロボットアームの手がこれら工夫(芸)を再演しています。ロボットのプログラム設計時には多くの熟慮が施されており、この点で、人間の「手作り」のみに創意工夫の特権を付与するには議論の余地があると思われます。

すくなくとも、自身の身体器官を直接使うか、外部の機械仕掛けを間接的に使うかのちがいであって、どちらも人間の脳にその創意工夫の源泉がある点では変わりない、という事実を再確認することは、大事なように思います。

また、人類史において長く手作りされてきたこれらの物は道具とも呼ばれています。その過程ではしばしば、職人の癖や思想が反映されやすく、このため工芸の芸は、工夫というより観賞される芸術と解釈されることも多いです。

 

道具という意味での工芸品は、200万年前にホモ・ハビリスが石で道具を作り始めた時点をその起源とすることができます。

「道具」という概念は、どうしても目的-手段系における「手段」という意味の侵入を避けられません。
他方、「工芸品」と呼ぶなら、その物の制作(構成)プロセスに焦点を合わせることのできるメリットがあります。

工芸品の特徴

道具としての工芸品の特徴は、生物の身体運動と密接に連関しながら、あるエネルギー布置上である機能を果たす、という点に求められます。

たとえばコップには、人間の手と連接しやすいように取っ手があり、その器の形状は内部に注がれた液体の重力エネルギーを受け留めてくれます。

あるいは衣服は、人間の身体形状に沿って縫合されており、身体の発する熱エネルギーの放散を防ぐ働きがあります。

 

他方、これら工芸品は、機械とは異なり、みずからの始動や移動のための主要な運動エネルギーを、すべて人間から供給されています。たとえば鍬(くわ)は、人間がその身体動作でもって動かさなくては畑に畝(うね)を作れません。スイッチひとつで働いてくれる耕運機とは対照的ですよね。

工芸品の種類

道具としての工芸品には、主に以下の種類があります:

織物

織物は、糸を縦横に紡ぎ合わせて作られる布地、という工芸品です。

熱エネルギーや光エネルギーの蔽いとして、あるいは引っ張り圧力に抵抗する構造体として機能し、衣服やカーテン、布団などとして用いられます。

 

織物
糸を縦横に組み合わせて作られる布地だよ

衣服

衣服は、体表面に付着させる物、という工芸品です。

多くは織物が素材として用いられますが、その多様性は世界の各地域と同じだけ幅広いです。

 

 

衣服
体表面に着用し、温湿度調整や保護、社会的位置の表示などとして機能する物だよ

木工品

木工品は、有用な形となるよう加工された木材、という工芸品です。

その形態のヴァリエーションは数限りないですが、多くは棒状・板状となり、他の道具の構造部材として利用されます。

 

木工品
有用な形となるよう加工された木材だよ

金属器

金属器は、有用な形となるよう加工された金属、という工芸品です。

その頑丈さと、溶融時の成形しやすさにより、ほぼすべての機械の部品として用いられます。

 

 

金属器
有用な形となるよう加工された金属だよ

陶磁器

陶磁器は、粘土を焼き固めて、主に器状に成形される工芸品です。

粘土内のケイ酸が、アルミニウムやカルシウムと化合することでガラス化し、固まります。

ちなみに陶器と磁器は、このガラス化される成分と量により区分されます。

皮革製品

皮革製品は、動物の皮革や、合成皮革を継ぎはぎして作られる工芸品です。

主に靴、鞄、財布などに用いられます。

紙製品

紙製品は、繊維状の薄い膜を乾燥させた物(紙)を素材に作られる工芸品です。

本やクッキングシート、感熱紙やあぶらとり紙など、たくさんの種類があります。

宝飾品

宝飾品は、貴金属や海産物(貝・サンゴなど)を研磨・彫塑することで作られる工芸品です。

人間はキラキラ光る物に価値を認める傾向があるため、これら宝飾品は高値で取引されます。金・銀・プラチナなども多用されます。

ガラス工芸品

ガラス工芸品は、ガラスを素材として作られる工芸品です。

多くは窓ガラスとして用いられますが、ステンドグラスやカットグラス(切子)など、観賞用途でも制作されます。

楽器

楽器は、木材や金属、繊維などを素材として、一定の音エネルギーを発するように作られる工芸品です。

弦楽器、木管楽器、金管楽器などの種類があります。

3Dクラフト

3Dクラフトは、数値制御の加工機械(3Dプリンター)によって、合成樹脂やゴムなどを素材として切削・彫塑される工芸品です。

3Dデータを設計図として、加工機械に入力してあげると、機械内の工具が自動で切削・彫塑してくれます。デジタル時代を代表する工芸品ですね。

3Dプリンターで作られる物について、他に適当な用語がなかったため、ここでは仮に「3Dクラフト」と呼んでいます。そのうちちゃんとした用語が定着するかなと思います。

 

 

以上のように工芸品は、元々は人類史において手作業で作られ、私たちの身体を拡張したり保護したりして、日常生活を私たちの身体と共に構成してくれているのでした。

 

・工芸品とは、特有の形態によってエネルギー上の機能をもち、手作りされることの多い物のことだよ
・その素材や機能に応じてさまざまな種類があるよ
 

さらに知りたいなら…

手織りの組織図辞典(2020年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

織り方のデザインを43種類集め、それぞれの作成例の写真などを豊富に掲載する1冊です。

手織りやデザインに興味のある方向けです。目次はこちらのサイトから参照できます。

手づくり木工大図鑑(2008年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

木材の解説にはじまり、木工の道具・技法・作品集などを450ページの大ボリュームで収めた1冊です。

木工に興味のある方は家に1冊あると何かと参照できて便利そうですね。目次はこちらのサイトから参照できます。

よくわかる 最新 金型の基本と仕組み(2018年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

金属製品における金型の重要性にはじまり、金型の種類・設計・加工などを解説する1冊です。

ふだん馴染み深い金属製品がどのような過程を経て生まれているのか、理解を深める良い機会になりそうですね。

手織りの組織図辞典(1996年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

衣服とは何か、という機能の話からはじまり、衣服の空間方位の考え方、人体のプロポーションと衣服制作などについて、衣服の基本的な考え方を解説する1冊です。

目次はこちらのサイトから参照できます。

 

つまり…

工芸品とは

 特有の形態によってエネルギー上の機能をもち、手作りされることの多い物

という制作物なわけです。

 

工芸品ってあれじゃろ、伝統産業のことじゃろ? それを道具一般と同列に扱われると、なんだか不思議な気分じゃわぃ。たしかに「道具」は抽象概念じゃから、より具体的な言葉を探そうとすると「工芸品」になるのかもしれんが……。

 

歴史のツボっぽくいうと…

  • 30万~3万年前
    木材の利用
    ネアンデルタール人たちが石器を用いて木から槍や舟などを作り出す

  • 紀元前8700年前頃
    金属の利用
    メソポタミア地方で、紀元前8700年前頃の純銅製ペンダントが出土される

  • 8000年前~6500年前頃
    織物の発明
    西南アジアやエジプトで、麻や綿などの植物繊維を用いた織物が発明される

  • 紀元前5500年前頃
    精錬の開始
    ペルシャで、銅鉱石を加熱して銅元素を抽出する精錬が行なわれる

  • 5000年前頃
    毛織物の発明
    メソポタミア地方で、羊毛を用いた毛織物が発明される

  • 5000年前
    木造の建築
    日本の集落で木を骨組みにした建物が建てられる

  • 4000年前頃
    絹織物の発明
    中国で、蚕の分泌物である絹を用いた絹織物が発明される

  • 紀元前3600年前頃
    合金の発明
    メソポタミア地方で、銅-錫合金(青銅)が発明される

  • 3000~2000年前頃
    木工技術の発展
    古代エジプトで木工技術が発展し、斧、釿、鑿、鋸、弓錐などの木工道具が利用される

  • 2600年前頃
    漢服の登場
    黄帝の時代以降、漢民族の礼服として漢服が定着、以降17世紀の明王朝の衰退まで着用されつづける

  • 紀元前2500年前頃
    製鉄の普及
    アナトリア半島(現在のトルコ周辺地域)で製鉄技術が普及する

  • 紀元前1400年前頃
    鉄合金の発明
    ヒッタイト帝国(現在のトルコ周辺地域)で、鉄に炭を添加した鉄合金(鋼)が発明される

  • 1000~300年前頃
    日本への金属器輸入
    日本の弥生時代に、青銅器と鉄器の技術が大陸から伝わる

  • 3~7世紀頃
    和服の黎明期
    日本の古墳時代に、豪族たちが袴や喪(ロングスカート)を身に着ける。

  • 1733年前
    織物の生産性向上
    イギリスの発明家ジョン・ケイが、経糸の間に緯糸を通す際、それまでの指とは異なり飛び杼(ひ)を用いることで、織物の生産性を大幅に向上させる

  • 1785年前
    織物生産の機械化
    イギリスの発明家エドモンド・カートライトが、織機の機械化に取り組み、以降多くの特許を取得する

  • 18世紀
    現代洋服の登場
    フランス革命時、革命の推進力となった社会階層が、貴族たちの半ズボン&膝丈コート(キュロット)ではなく長ズボン&腰丈ジャケット(サン・キュロット)を着用する

  • 19世紀前半
    自動織機の普及
    イギリスやアメリカを中心に、自動式織機の機械が普及する

  • 1935年
    化学繊維の発明
    アメリカの化学者ウォーレス・カロザースが、世界初の合成繊維であるナイロンを発明する

 

 

<参考文献>(2020/05/02 visited)

工芸 - Wikipedia
石器時代 - Wikipedia
陶磁器 - Wikipedia
Category:紙製品 - Wikipedia
装身具 - Wikipedia
ガラス工芸 - Wikipedia
3Dプリンター - Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました