#2020/09/17 縦割りが生じるくらい、『行政機関』はたくさん分かれていたりします。

構築部材

親カテゴリ
関連用語
 構造物
 └構築物
   └構築部材
    ├ネジ
    ├釘
    └生コンクリート
スポンサーリンク
スポンサーリンク

簡単にいうと…

構築部材とは

 構築物向けの固着具

という構築物のパーツです。

詳しくいうと…

椅子やベッドを組み立てたり、パイプ同士を接続したり、電柱や郵便ポストを地面に敷設するには、パーツ相互ないしパーツと地面とのあいだを固定する必要があります。

構築部材は、この固定を行なう部材です。

 

ネジや釘、生コンクリートなどがあります。

 

そうして構築部材は、締結凝固によって、さまざまなパーツ同士をくっつけることができます。

 

・構築部材は、構築物向けの固着具だよ
・ネジや釘、生コンクリートなどがあるよ
 

さらに知りたいなら…

トコトンやさしい ねじの本(2010年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

ネジの発明と規格化の歴史にはじまり、各部名称、取付・測定工具、製造方法、材料など、幅広く学ぶことのできる1冊です。

日頃身近なネジについて、より深く理解したい方はぜひ手に取ってみてください。

 

つまり…

構築部材とは

 構築物向けの固着具

という構築物のパーツなわけです。

 

固着具があってはじめて、物体を立体的に組み立てることができる。折り紙とはちがって、構築物は複数の異なるパーツを組み合わせる必要があるからじゃ。

歴史のツボっぽくいうと…

  • 紀元前7世紀頃
    スクリューの使用
    アッシリア王国の国王センケナブリの残した楔文字文書に、スクリューの記述が残される

  • 紀元前8~6世紀頃
    オリーブ圧搾機の登場
    古代ギリシャでオリーブをプレスする圧搾機(スクリュープレス)が利用される

  • 1500年頃
    ダ・ヴィンチとネジ
    イタリアの工学者・芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチが、装置制作時の締結用にネジを用いる

  • 16世紀中頃
    ネジの普及
    ヨーロッパでさまざまな装置にネジが利用され、家内工業としてネジ製造が行なわれる

  • 1800年
    精密なネジの普及
    イギリスの技術者ヘンリー・モーズリーが、鋼鉄製のネジ切り用旋盤を発明し、精密なネジが量産されることでその後の産業革命に寄与する

 

タイトルとURLをコピーしました