#2020/09/17 縦割りが生じるくらい、『行政機関』はたくさん分かれていたりします。

コンクリート

自然加工物
関連用語
 自然加工物
 └材料
  └素材
   無機素材

    └コンクリート
スポンサーリンク
スポンサーリンク

簡単にいうと…

コンクリートとは

 砂・砂利、水などをセメントで凝固させた硬化物

という自然加工物です。

詳しくいうと…

コンクリートは、セメント砂・砂利を混ぜて作られます。

混ぜてから約90分後には硬化を始めてしまうため、工場で混ぜてからミキサー車によって工事現場へ迅速に運ばれる必要があります。また、いっそのこと工事現場でも混ぜられることがあります。

これらの物質がコンクリートミキサーと呼ばれるタンクの中で混ぜられると、生コンクリートが出来上がります。

ここにはケイ酸三カルシウム(3CaO・SiO₂)やケイ酸二カルシウム(2CaO・SiO₂)と呼ばれる物質などが含まれています。

 

 

工事現場で、この生コンクリート型枠に流し込まれるところから、硬化が始まります。

簡易な型枠としては、木の板も用いられます。

型枠の中では、コンクリートの分子が互いにカッチリと結合しあい、3日後にはドッシリとしたコンクリートの塊が出来上がります。乾燥によってではなく、化学反応によって固まるわけです。

 

こうして生まれるコンクリートは、建築物構築物の一部となります。住宅基礎や塀、ビルやマンション、道路ダムやトンネルの構成素材、あるいは港湾や空港の地面などとして、人々のいるエリアを幅広く覆っています。

コンクリートは、鉄筋や鉄骨といっしょに固められることで、強度の高い鉄筋コンクリート鉄筋鉄骨コンクリートとして用いられることも多いです。

 

 

以上のようにコンクリートは、化学反応によって固まることで、柔軟に扱うことのできる強度の高い構造素材として、今日もわたしたちがその中にいたりその上に立ったりしている建築物や構築物を形成しているのでした。

 

・コンクリートとは、砂・砂利、水などをセメントで凝固させた硬化物だよ
・硬化の化学反応は、90分後には始まり、3日後くらいには大体固まってるよ
・鉄筋や鉄骨を中に入れることで、強度を高められるよ
 

さらに知りたいなら…

マンガでわかる コンクリート(2011年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

コンクリートとは何か、という総論からはじまり、その歴史、種類、特質などを、マンガによって幅広く学べる1冊です。

「何となくコンクリートに興味あります!」という初学者向けです。

 

つまり…

コンクリートとは

 砂・砂利、水などをセメントで凝固させた硬化物

という自然加工物なわけです。

 

子どもの頃、近所にもコンクリート製造工場があったぞい。当時は、高いホッパーやベルトコンベアといった設備が、いったい何に使われるものなのかよくわからんかった。生産設備と自分たちの生活とが、上手く結びついていなかったんじゃが、それはいまも大して変わらないかもしれんのぅ。

歴史のツボっぽくいうと…

  • 紀元前8~紀元後5世紀
    古代ローマでのコンクリート利用
    古代ローマ帝国で、水道や橋、ドームや公衆浴場などにコンクリートが用いられる。

    古代ローマ帝国崩壊後、その製法の多くは産業革命時代まで失われたとされる。

  • 1756年
    コンクリートの再考案
    イギリスの技術者ジョン・スミートンが、水で固まる石灰を使用したコンクリートを考案する。

  • 1824年
    ポルトランドセメントの発明
    イギリスの技術者ジョセフ・アスプディンが、今日の代表的なセメントであるポルトランドセメントを発明し、1840年代に実用化する。

 

 

<参考文献>(2019/11/28 visited)

コンクリート - Wikipedia
セメント - Wikipedia
コンクリート工 - Wikipedia
【写真・図版】セメントが固(かた)まるわけは?:朝日新聞デジタル
【画像】(ののちゃんのDO科学)セメントはなぜ固まるの?:朝日新聞デジタル
タイトルとURLをコピーしました