#2020/09/17 縦割りが生じるくらい、『行政機関』はたくさん分かれていたりします。

椅子

構造物
関連用語
 構造物
 └構築物
  └構築体
   └椅子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

簡単にいうと…

椅子とは

 ひとが腰掛ける際に体を支える

構築物です。

詳しくいうと…

椅子は、そこに腰かけて休憩したり、デスクワークするための構造物です。

木材や金属、樹脂素材に、座枠笠木などのパーツを組み立てて出来ています。ひとの体重(荷重)がかかっても壊れないような構造になっています。

 

また椅子は、「体具」と呼びうるほど、ひとにとって最も体と接触させる構造物のひとつです。

人間工学の観点から、ひとの骨格・筋肉の姿勢とぴったり接合するように椅子の形状は設計されます。

 

椅子の種類としては、小椅子、長椅子(ソファ)、肘掛け椅子、安楽椅子、ロッキングチェアなどがあります。

 

 

以上のように椅子は、今日もわたしたちの姿勢をしっかり支えながら、休憩やデスクワークに励ませてくれるわけです。

 

・椅子は、ひとが腰掛ける際に体を支える構築物だよ
・ひとの体と密接な構造物なので、よく人間工学の対象にされるよ
 

さらに知りたいなら…

椅子(2008年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

椅子塾を主催する著者による、椅子の歴史、素材、人間工学の理論、設計、意匠登録などが詰め込まれた1冊です。

目次はこちらのサイトをご覧ください。

 

つまり…

椅子とは

 ひとが腰掛ける際に体を支える

構築物なわけです。

 

王座、玉座、司教座、あるいは上座など、人類史のなかで椅子はしばしば、権力の象徴として華美な装飾が施されることがあった。そこから「座」という言葉が中心という意味を持つようになったんじゃ。

歴史のツボっぽくいうと…

  • 紀元前2800年頃
    椅子の発達
    古代エジプトで装飾の施された椅子が作られる

 

 

<参考文献>(2019/10/26 visited)

椅子 - Wikipedia
椅子(イス)|家具の構造 | 家具は村内
椅子・ソファの構造についてご説明します。
タイトルとURLをコピーしました