#2020/09/17 縦割りが生じるくらい、『行政機関』はたくさん分かれていたりします。

電磁調理器

技術個体
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この用語のポイント

・誘導電流による抵抗加熱でお鍋を温めるよ

簡単にいうと…

電磁調理器とは

 ヒーター側の磁束で鍋底に誘導電流を生じさせ、この際生じる抵抗加熱によって鍋を温める

という技術個体です。

IH調理器、IHクッキングヒーターとも呼ばれます。

ちなみにIHとは誘導加熱(Induction Heating)の略称です。

詳しくいうと…

電磁調理器は、従来のガスコンロ・電気コンロと並んでお鍋を温めるヒーターです。

その構造と仕組みをみてゆきましょう。

 

 

構造

左図は、電磁調理器のヒーター側を示しています。

ヒーター内部にはIH(誘導加熱)コイルが埋め込まれています。

また、インバータ回路は電流を高周波化させ、制御回路はその制御を行ないます。

次に、これら構造が働く仕組みをみてゆきます。

 

仕組み①:磁束の生成@ヒーター側

まず、コンセントから50Hz/60Hzの電流が流れてくると、インバータ回路によって高周波化されます(20~30kHz)。

IHコイルの中をこの高周波電流が駆け巡ることで、強力な磁束(磁力線)が発生します(右ネジの法則)。

これでヒーター側は準備OKです。

 

仕組み②:ジュール熱の生成@鍋側

では、お鍋を置いてみましょう。

磁束が通過することで、鍋底には渦状の電流が生じます(電磁誘導)。

お鍋には電気抵抗があるため、この渦電流が流れると同時にジュール熱(抵抗熱)が生じます。

この熱により、お鍋が温められるわけです。

 

 

以上のように電磁調理器は、磁力線発生器としてのヒーターと、その磁束を受け取り電磁誘導現象によってジュール熱を生じさせるお鍋が、セットになることで、今日もわたしたちのためにお湯を温め、カレーやシチューを煮込んでくれています。

・電磁調理器は、ヒーター側で生んだ磁束で、鍋底に誘導起電によりジュール熱を発生させることで、お鍋を温めるよ

さらに知りたいなら…

家電が一番わかる(2013年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

レンジやIHクッキングヒーター、冷蔵やエアコン、洗濯機やテレビなど、およそ60種類におよび家電について、それぞれ4ページ程度で解説するイラストつきの1冊です。

個々の製品は詳しくないですが、「概要だけでもいいから家電のことを幅広く知りたい!」という方向けです。

 

つまり…

電磁調理器とは

 ヒーター側の磁束で鍋底に誘導電流を生じさせ、この際生じる抵抗加熱によって鍋を温める

という技術個体なわけです。

 

この電磁調理器にコンパスを近づけるとどうなるかのぅ……あ、スマホのコンパス機能じゃ何も変化が起きんかった….。

歴史のツボっぽくいうと…

  • 1900年代
    電磁調理器の特許取得
  • 1950年代
    電磁調理器のデモ展示
    アメリカのジェネラル・モーターズ社が電磁調理器を展示する
  • 1971年
    電磁調理器の販売
    アメリカのウエスティングハウス・エレクトリック社が電磁調理器Cool Top 2 Induction rangesを販売する

 

<参考文献>(2019/03/10 visited)

Induction cooking - Wikipedia
Induction cooking - Wikipedia
誘導加熱 - Wikipedia
IH技術の原理|IH技術情報|IH専科 鈴木工業株式会社|IH技術を幅広い分野へ!私たちは、IH技術でECOな未来を創造するエキスパートです。
IH調理器用コイル | 変成器製品(トランス) | 田淵電機株式会社
田淵電機が誇るカスタム製品ブランド「ZEBRA」の、変成器製品(トランス)をご紹介します。IH調理器用コイルの詳細がご覧いただけます。
タイトルとURLをコピーしました