#2020/09/17 縦割りが生じるくらい、『行政機関』はたくさん分かれていたりします。

電気ストーブ

技術個体
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この用語のポイント

・ヒーターに通電し高温状態にすることで、周囲を温めるよ

簡単にいうと…

電気ストーブとは

 ヒーターを通電により高温化させ、周囲を温める

技術個体です。

ここでは一般的な、赤外線輻射式の電気ストーブを紹介します。

詳しくいうと…

冬になると5,000円くらいで売り出されているあれが、輻射式の電気ストーブです。

構造が簡単で、ヒーター部品も安価に抑えられるため、安くてつい買ってしまいます。

 

 

構造は、電気回路上に石英管を並べただけです。

石英管とは、耐熱性に優れた石英ガラスで出来た管のことです。

この石英管の中には、コイル状の電熱線(ニクロム線が一般的)が、ガスと一緒に封入されています。

 

 

スイッチONすると、回路に電気が流れ、石英管内のニクロム線にも通電されます。

ニクロム線(ニッケルとクロムの合金)は電気抵抗がとても高いため、流れる電気が約800℃のへ変換されます。

これだけでも温かいのですが、この熱源から赤外線(電磁波の一種)が放射されると、近くの物・人に当たり、その表面をさらに温める効果があるわけです。

電気ストーブの種類についてです:

①赤外線を放射する輻射式としては、ここで挙げたニクロム線の代わりに炭素繊維を用いるカーボンヒーター、石英管の代わりにセラミック(ケイ素)で発熱体を囲むセラミックヒーター、ハロゲンランプを用いたハロゲンヒーターなどがあります。

②温風を送る温風式としては、セラミックファンヒーターがあります。

③発熱体が部屋内で自然対流をつくる対流式としては、ヒーターで油を温めるオイルヒーターがあります(我が家はこれです)。

 

以上のように電気ストーブは、通電すると電気抵抗によって発熱する素材を用いることで、寒い冬でもわたしたちを暖かくしてくれるのでした。

 

・電気ストーブは、ヒーターに通電し高温状態にすることで、周囲を温めるよ
 

さらに知りたいなら…

空気調和ハンドブック(2008年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

この熱交換器の分野は驚くほど関連書籍が少ないのですが、数少ない解説書のひとつです。

ハンドブックではありますが、空気調和について、その思想、熱負荷計算、空気調和計算、熱源装置(熱交換器や冷凍機など)、自動制御方法など、500ページ近くに渡って広く知ることができます。個々の製品の詳細はそこまで詳しくないかもしれません。目次はこちらのサイトをご覧ください。

家電が一番わかる(2013年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

レンジやIHクッキングヒーター、冷蔵やエアコン、洗濯機やテレビなど、およそ60種類におよび家電について、それぞれ4ページ程度で解説するイラストつきの1冊です。

個々の製品は詳しくないですが、「概要だけでもいいから家電のことを幅広く知りたい!」という方向けです。

 

つまり…

電気ストーブとは

 ヒーターを通電により高温化させ、周囲を温める

技術個体です。

 

昔は灯油の必要な石油ストーブが多かったんじゃが、いまではコンセントを差すだけで済むお手軽な電気ストーブが広まっておるのぉ。

歴史のツボっぽくいうと…

  • 1905年
    ニクロム線の開発
    アメリカの技術者アルバート・マーシュが

    ニッケルとクロムの合金で電気抵抗・耐熱性の高い、ニクロム線を開発する

 

 

<参考文献>(2019/03/16 visited)

電気ストーブ - Wikipedia
赤外線 - Wikipedia
ニクロム - Wikipedia
石英管ヒーター:ヒーター管事業 メトロ電気工業株式会社
エンセキの特徴 | デンソー遠赤外線ヒーター ENSEKI
ヒーターの種類と特徴まとめ -ECカレント
ヒーターの種類と特徴まとめのページ - 家電・パソコンからブランドまで、幅広いカテゴリと豊富な商品を取り揃えている家電通販サイト、ECカレントです。
タイトルとURLをコピーしました