支保工

構造物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

簡単にいうと…

支保工とは

 トンネルなどの工事の際に仮設され、上や横からの荷重を支える

構築物です。

詳しくいうと…

鉱山の坑道を例にとります。

爆薬の発破によって鉱山を掘り進んでゆくと、落盤などの危険が増大します。

そこで、出来た坑道のや天井に、支保工という鋼枠を設置して、その上からデッキプレートと呼ばれる鉄板を覆いかぶせます。

こうすることで、坑道の壁や天井を支え、落盤を防止する機能があるのです。

坑道以外にも、トンネルや梁、ビルの土木工事・建設工事でも、仮設の支保工が構築途中の構造物を支えています。

 

 

以上のように支保工は、仮設の支えとなる構造物として、今日も坑道や工事現場の安全を支えているのでした。

 

・支保工は、トンネルなどの工事の際に仮設され、上や横からの荷重を支える構築物だよ
・坑道では、支保工の鋼枠の上からデッキプレートと呼ばれる鉄板をかぶせて、落盤を防止するよ
 

さらに知りたいなら…

道路土木 仮設構造物工指針(1999年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

わかりやすい書籍がなかったので、ガチの専門書を紹介します。

日本土木協会が発行しているシリーズの1冊で、支保工含めた仮設構造物について、土木工事関係者にとって基本となる情報が網羅されています。目次はこちらのサイトをご覧ください。

 

つまり…

支保工とは

 トンネルなどの工事の際に仮設され、上や横からの荷重を支える

構築物なわけです。

 

機能のイメージはつくが、「支保工」という名前は知らなかったのぉ。変わった名称じゃわぃ。

歴史のツボっぽくいうと…

  • 6世紀頃
    橋建設の支保工
    古代ローマ帝国・リミラ(現 トルコ南西部)で、支保工を用いた橋(「リミラ近くの橋」)が建設される

  • 1935年
    調節可能な鉄柱
    スイス生まれの技術者ウィリアム・A・デ・ヴィジエが、長さの調節可能な鉄柱を設計し、支保工の柔軟な設置に貢献する

 

 

<参考文献>(2019/11/06 visited)

支保工 - Wikipedia
Falsework - Wikipedia
Bridge near Limyra - Wikipedia
William A. de Vigier — Wikipédia
坑内採掘から出荷まで | 土橋鉱山株式会社
弊社は、日本国内で数少ない良質のセリサイト(絹雲母)を産出する鉱山です。セリサイトは主に陶磁器材料として利用されます。弊社鉱山におけるセリサイトの予想埋蔵量は200万トン以上で国内最大です。また耐火煉瓦や釉薬の原料となる蝋石(パイロフィライト系)や、純度の高い珪石(シリカ)も採掘しています。
タイトルとURLをコピーしました