#2020/09/17 縦割りが生じるくらい、『行政機関』はたくさん分かれていたりします。

構造物
関連用語
 構造物
 └構築物
  └構築体
   └
スポンサーリンク
スポンサーリンク

簡単にいうと…

橋とは

 川や谷などを跨ぐ道路鉄道路線

という構築物です。

橋梁とも呼ばれます。

詳しくいうと…

橋の構造

今日の橋は、だいたい右図のような構造をしています。

まず両岸に橋台ベタ基礎/杭基礎を敷き、両岸の間に橋脚ケーソン基礎を立てて、それぞれの上に橋桁(道路・鉄道路線)を乗せます。

とりわけ、橋台や橋脚の上には支承(ししょう)と呼ばれる接合パーツがあり、橋桁からの荷重を吸収する働きがあります。

橋の種類と荷重

最も簡易な桁橋(けたばし)では、橋桁自体やその上を走る自動車などの荷重は、橋台や橋脚が受け止めます。

この際、橋桁(主桁)には圧縮力と引張力が働くため、長い橋になればなるほど壊れないよう分厚くなります。

 

次に、トラス桁橋では、この圧縮力と引張力がトラス構造(三角形の構造部材の集合体)全体に分散することで、通常の桁橋より高い強度を保つことができます。

 

 

 

最後の例として、アーチ橋では、アーチリブが下から支えることで、荷重や圧縮力・引張力を分散させることができます。

渓谷など、橋脚を立てることが困難な場所で採用されることがあります。

 

 

 

上記のほか、ラーメン橋吊り橋斜張橋など、強度を保つさまざまな構造の橋が造られてきました。

 

 

以上のように橋は、その荷重や圧縮力・引張力を支える丈夫な構造や素材で造られており、今日も私たちの歩行路や、自動車や電車の道を支えてくれているわけでした。

 

・橋は、川や谷などを跨ぐ道路や鉄道路線という構築物だよ
・橋台や橋脚などで橋桁を支えているよ
・桁橋やトラス桁橋、アーチ橋など、設置場所など条件に応じてさまざまな構造があるよ
 

さらに知りたいなら…

トコトンやさしい 橋の本(2016年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

社会における橋の機能にはじまり、その歴史、構造、素材、施工方法、建設計画など、幅広く学べる1冊です。

目次はこちらのサイトをご覧ください。

 

つまり…

橋とは

 川や谷などを跨ぐ道路や鉄道路線

という構築物なわけです。

 

大きな河川の向こう岸に行きたい場合、昔は渡し舟が一般的じゃった。しかし、車や鉄道が現れると、そのままでは河川に遮られて都市全体の交通量や交通ルートが制限されてしまう。大きくて長い橋の構造・素材研究が進むことで、いまあるような交通量や交通ルートが確保できているんじゃ。

歴史のツボっぽくいうと…

  • 紀元前4000年頃
    石造アーチ橋の建造
    古代メソポタミア文明で石造のアーチ橋が架けられる

  • 紀元前2200年頃
    レンガ橋の建造
    古代都市バビロンでユーフラテス川に全長200mのレンガ橋が架けられる

  • 紀元前1900年頃
    古代ローマ帝国の水道橋
    古代ローマ帝国の各地で、水道を通すための橋が建造される

 

 

<参考文献>(2019/10/27 visited)

橋 - Wikipedia
支承 - Wikipedia
橋の構造とは?5分でわかる全12種類の名称、特徴、強度、構造計算
土木研究所 構造物メンテナンス研究センター:CAESAR(シーザー)[「橋」とはなにか:橋の種類1(上部構造の形式別)]
タイトルとURLをコピーしました