#2020/09/17 縦割りが生じるくらい、『行政機関』はたくさん分かれていたりします。

ヘリコプター

技術個体
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この用語のポイント

・回転翼を回し揚力を得て、浮上や前進を行なうよ

簡単にいうと…

ヘリコプターとは

 エンジンによって回転翼を回し、揚力を得て、浮上や前進を行なう航空機

という技術個体です。

垂直での離着陸が可能なため滑走路が不要であり、またメインローター(回転翼)の角度を調整することで機敏に動けるため、単純な移動だけでなく、たとえば救急・救助・報道用の航空機としても用いられます。

詳しくいうと…

外出していて、音がするな…とふと空を見上げると飛んでいるのがヘリコプターです。

機体ほどの大きさの回転翼(ローター)を回して動いています。

その構造と仕組みをみてゆきましょう。

 

 

構造

ヘリコプターの頭頂部分には、ターボシャフトエンジンなどが搭載されています。

前方から空気を吸入し、内部で燃焼させ、その燃焼ガスの圧力でタービンを回して、メインローター(回転翼)も回します。

尾翼部分のテールローターは、メインローターの回転により機体にかかる捻じりの力(トルク)を相殺するために回転します。また、尾翼をフリフリすることにより機体の向きを360℃回転させます。

 

 

浮上

メインローター(回転翼)が高速回転しはじめると、翼の形状のおかげで、上部に低圧部分が、下部に(比較的)高圧部分ができ、揚力(圧力差)が生まれます。

メインローターは1分間に約300回転、1秒間に5回転するため、大変な風速が回転翼に生じます。この大きな力を揚力に転化し、浮上することができます。

 

前進

浮上したら、次は前進です。

メインローター(回転翼)の付け根には、スワッシュプレートと呼ばれる角度調整面があり、これにより揚力の生じる向きを変え、前進する方向へ推力を生じさせることができます。

 

 

 

上記のようにヘリコプターは、その垂直離着陸と敏捷性という大きな利点を活かして、急病人を輸送したり、災害救助をしたり、報道カメラの視線を空へ浮かせたり、日々わたしたちの輸送や視線を支えています。

 

 

・ヘリコプターは、回転翼を回して揚力を得て、浮上や前進をする航空機だよ
・垂直離着陸ができるので滑走路が不要で、狭い場所にも降りられるよ
・回転翼の角度を調整することで、飛行機にはできない機敏な動作が可能だよ
 

さらに知りたいなら…

ヘリコプターの最新知識(2009年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

ヘリコプターの歴史、構造、仕組み、用途などの幅広い事柄を、豊富な写真つきで学べる新書です。

新書なので安価ですし、写真を眺めているだけでも楽しくなるので、少しでも興味を持たれた方は手に取ってみてはいかがでしょう?

 

つまり…

ヘリコプターとは

 エンジンによって回転翼を回し、揚力を得て、浮上や前進を行なう航空機

という技術個体なわけです。

 

航空機といえば固定翼をもつ飛行機のイメージじゃが、たしかに、飛行機だと空中に留まる(ホバリング)ことができないから、救助用には向いていないのう。

歴史のツボっぽくいうと…

4世紀頃 中国で竹トンボについて記述した書物が書かれる。

1505年頃 イギリスのレオナルド=ダ・ヴィンチが

     『鳥の飛翔に関する手稿』でヘリコプターのスケッチを残す。

1901年  ドイツの工学者ヘルマン・ガンズヴィントが

      ヘリコプターによって15秒間の浮上を成功させる。

1936年  ドイツの技術者ハリンリヒ・フォッケらが

      安定飛行のできる初の量産型ヘリコプターの飛行に成功する。

 

<参考文献>(2019/01/14 visited)

ヘリコプター - Wikipedia
ヘリコプターの飛ぶしくみ|ヘリコプターの世界|エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社
竹とんぼ - Wikipedia
レオナルド・ダ・ヴィンチ - Wikipedia
Fw 61 (航空機) - Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました