#2020/09/17 縦割りが生じるくらい、『行政機関』はたくさん分かれていたりします。

ハイブリッドロケットエンジン

技術要素
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この用語のポイント

固体燃料ロケットエンジンと、液体燃料ロケットエンジンの、ハイブリッド(混合)型だよ

簡単にいうと…

ハイブリッドロケットエンジンとは

 固体燃料ロケットエンジンと、液体燃料ロケットエンジン両方の良いとこ取りをする

技術個体です。

詳しくいうと…

構造

下図が、液体燃料ロケットの内部構造です。

上から順に下記要素が実装されています:

ペイロード

  …人工衛星、探査機など。

・酸化剤  …液体酸素など。

・噴射装置(インジェクタ  

  …酸化剤を燃焼室内へ噴射する。

・点火装置(イグナイタ)

  …スパークを起こし燃焼させる。

・固体燃料

  …酸化剤の噴射を待ち構える。

 

離陸・飛翔

離陸時は、まず上部タンクから液体酸化剤が噴射装置(インジェクタ)を通して、燃焼室内へ噴射されます。

このタイミングで、点火装置(イグナイタ)が着火させ、酸化剤と固体燃料とを燃焼反応させます。

あとは他のロケットエンジン同様、燃焼ガス流の勢いでロケットが反作用の力を得て、浮き上がってゆきます。

 

 

 

ハイブリッドのメリット

固体燃料の取扱いやすさと、液体燃料の推力制御のしやすさを兼ね備えています。

他方、離陸後に燃焼が進むと、固体燃料が減って出来たスペースに噴射された液体酸化剤が、そのまま素通りして燃焼反応に寄与しない場合がある(O/Fシフト:Oxidizer-to-Fuel ratio shift)など、独自の課題が残っています。

 

・ハイブリッドロケットエンジンは、固体燃料に、液体酸化剤を噴射・点火させることで、燃焼ガス流を発生させて反作用の力で推進力を得るエンジンだよ
・固体燃料の取扱いやすさと、液体燃料の推力制御のしやすさを兼ね備えているよ
・燃焼室内で液体酸化剤が高比率になるなど独自の課題もあるよ
 

さらに知りたいなら…

ロケットの科学(2019年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

ロケットの構造と推進する仕組みにはじまり、この半世紀間に開発されてきたロケットたちの歴史を豊富な写真つきで解説する新書です。

見ているだけでも楽しくなりそうですね。

 

つまり…

ハイブリッドロケットエンジンとは

 固体燃料ロケットエンジンの取扱いやすさと、液体燃料ロケットエンジンの推力制御のしやすさを兼ね備えた

技術個体というです。

 

まさに固体燃料と液体燃料の良いとこ取りじゃの! ただ、器用貧乏にならんよう気をつけねばならんのぉ。

歴史のツボっぽくいうと…

1937年 ドイツの工学者ヘルマン・オーベルトが

     ハイブリッドロケットエンジンの開発に着手する。

2004年 アメリカのスケールド・コンポジッツ社とスペース・デブ社が

     ハイブリッドロケットエンジン搭載の宇宙船を開発、

     民間企業としてははじめて有人宇宙船の発射を成功させる。

 

<参考文献>(2018/09/15 visited)

ハイブリッドロケット - Wikipedia
スペースシップワン - Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました