#2020/09/17 縦割りが生じるくらい、『行政機関』はたくさん分かれていたりします。

線型運動器

技術個体
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この用語のポイント

力学エネルギーが直線状に働く器械だよ

簡単にいうと…

線型運動器とは

 力学的エネルギーが主に直線状に働く器械

という技術要素・個体の総称です。

このサイトの造語です。

詳しくいうと…

力学的エネルギーのさまざまなバリエーションを変奏する運動器のうち、線型運動器は、そのエネルギーの向きが総じて直線状に表されるタイプの器械です。

重力、摩擦力、張力、弾力などの力学的エネルギーを利用する器械がこれに該当します。

 

種類

重みの技術(重力の技術)

重力を利用する線型運動器として、錘(おもり。漬物石・錨・カウンターウェイトなど)、秤(はかり)などがあります。

惑星上の物体にはすべて重力が働きますが、とくに質量があって重い物体は、他の物体を固定したり重心バランスを保つのに役立ちます。

錘(おもり)には、固定化・重圧・安定化・比較測定という機能があるよ

擦る技術(摩擦力の技術)

摩擦力を利用する線型運動器として、車輪/タイヤ、ブレーキ、軸受けなどがあります。

摩擦をかけることで、運動している物体を擦(こす)って静止させたり、逆に摩擦を極力減らすことで運動を滑らかにします。

 

車輪/タイヤ
車輪/タイヤとは、軸に取り付けられ、接地しながら回転する円形の部品だよ

張り詰める技術(張力の技術)

張力を利用する線型運動器として、ロープ、ベルト、傘、テントなどがあります。

いずれも紐状・布状で、ぴんと張り詰めることで、加わった力に抵抗しながら位置や形状を維持しつづけます。

 

 

ロープ
ロープは、繊維を何重にも撚り合わせたものだよ

弾む技術(弾力の技術)

弾力を利用する線型運動器として、バネやぜんまいなどがあります。

外部から加わった力に応じて変形・復元することで、力の蓄積や衝撃の吸収などを行なうことができます。

 

 

バネ
バネは、力を受けて変形しても元の形状に復元するよ

 

 

・線型運動器は、力学的エネルギーが直線状に働く器械だよ
・重力、摩擦力、張力、弾力などを利用するよ
 

さらに知りたいなら…

ばね入門(2019年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

自動車、パソコン、構造物、宇宙、さまざまな場面で組み込まれているバネの、身近な使用例にはじまり、その種類、形状、製造法などをイラストつきで幅広く説明する1冊です。

目次はこちらのサイトをご覧ください。

タイヤのおはなし(2002年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

タイヤの歴史にはじまり、その種類や構造、力の働き方や製造法などを概説する1冊です。

普段使い慣れているタイヤについて、あらためてその奥深さを知ってみるのはいかがでしょう? 目次はこちらのサイトをご覧ください。

ひもとロープの結び方(2011年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

ロープの構造と種類にはじまり、荷造り・DIY・キャンプ・登山など多くの用途別に役立つ結び方を解説する1冊です。

ふだんロープやひもをよく使っている方は、この機にいろいろ便利な結び方を覚えてみるのはいかがでしょう?

 

つまり…

線型運動器とは

 その力学的エネルギーが主に直線状に働く重力、摩擦力、張力、弾力などを利用する器械

という技術要素・個体の総称です。

 

タイヤは回転しておるが、摩擦力自体は地表に対して(だいたい)直線状に働くから、線型運動器に含めとるんじゃの?

歴史のツボっぽくいうと…

旧石器時代中期(10~5万年前頃) 木の枝をしならせた罠が利用される。

旧石器時代後期(5~1万年前頃) 弦の張りを用いた弓矢が利用される。

旧石器時代後期(5万年~1万年前)

         つる植物などの繊維を撚り合わせたロープが作られる。

紀元前5000年頃 古代メソポタミアで車輪が用いられたとされる。

紀元前2500年頃 古代メソポタミアで、ロバに牽かせた車輪付き戦車が用いられる。

紀元前2000年頃 中央アジア地方で、スポーク付き車輪が用いられる。

紀元前4世紀頃 古代ギリシャの工学者ヘロンが、

        弦をねじることで復元力を発揮する機械弓について記述する。

紀元前3世紀頃 古代ギリシャの発明家クテシビオスが、

        青銅製の板バネを利用するカタパルトを発明する。

紀元前3世紀頃 古代ギリシャの工学者ビサンチウムのフィロンが、

        弾性を備えた部品としての「バネ」の概念について初めて記述する。

14世紀頃   ぜんまいを利用した機械式時計が発明される。

16~17世紀頃 ヨーロッパで馬車の懸架装置に衝撃吸収用の鋼製バネが搭載される。

1678年  イギリスの自然哲学者ロバート・フックが

     バネの物理法則(フックの法則)を発表する。

18世紀頃 さまざまなピッチでのコイルバネ製造機(コイリングマシン)が作製される。

1834年 ドイツの鉱山技師が、鉄線を撚り合わせてワイヤロープを開発、

    鉱山の立坑作業用に用いられる。

1845年 イギリスの発明家ロバート・ウィリアム・トムソンが

    空気入りゴムタイヤの特許を取得する。

1867年 車輪の外周(トレッド)がゴムで覆われ始める。

1888年 イングランドの獣医師ジョン・ボイド・ダンロップが

    自転車用の空気入りゴムタイヤを発明する。

1895年 フランスのミシュラン兄弟が

    自動車用の空気入りゴムタイヤを発明し、競技レースに出場する。

1969年  アメリカのトーリン社が、数値制御(NC)式のバネ製造機を開発する。

 

 

<参考文献>

 

タイトルとURLをコピーしました