#2020/09/17 縦割りが生じるくらい、『行政機関』はたくさん分かれていたりします。

ガスタービンエンジン

技術要素
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この用語のポイント

・燃焼ガス流でタービンを回して動力を得る内燃機関だよ

簡単にいうと…

ガスタービンエンジンとは

 内燃機関のひとつで、空気流を圧縮・燃焼させた勢いでタービン回転翼を回して、運動エネルギーを得る

技術個体です。

詳しくいうと…

ガスタービンエンジンは、高出力の回転運動が得られることから、大出力の求められる乗り物(航空機船舶自動車など)や発電機の動力装置として利用されています。

大きさも、航空機の翼下に収まるサイズから、発電所の一室を占めるサイズまでさまざまです。

このエンジンでは、下記の機器が同時稼働しています:

 ①:吸気口

 ②:圧縮機

 ③:燃焼器・タービン

 ④:排気口

 

 

これらプロセスを一つひとつみてゆきましょう。

 

①:吸気口

最初に吸気です。

吸気口から空気の流れがやってきます。

 

 

 

 

②:圧縮機

つぎに圧縮機です。

圧縮機の幾重にもつらなる回転翼の特殊なブレード形状により、吸気された空気流がぎゅっと10倍以上圧縮されます。

 

 

 

③:燃焼器・タービン

圧縮空気流を、つぎの燃焼器・タービンが待ち受けます。

燃焼器では、気化燃料が吹き込まれることで連続的に空気流が燃焼されます。

この高温高圧な燃焼ガス流の、体積膨張の勢いにより、タービンの回転翼が高速で回ります。

このタービンは、シャフト(軸)を通して

さきほどの圧縮機の回転翼に加え、タイヤやプロペラ、発電機などを回してくれます。

ガスタービンエンジンが運動エネルギーを取り出すのは

このタービンの回転運動のタイミングです。

 

④:排気口

最後に排気口を通して、燃焼後のガス流がエンジン外部へ排出されてゆきます。

また航空機用ジェットエンジンでは、この排気の噴射の勢いで推力を得ています。

 

 

 

以上のプロセスが、ガスタービンエンジンでは同時に稼働しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ガスタービンエンジンとは、空気流を圧縮・燃焼(膨張)させ、タービンを回転させることで、運動エネルギーを得るタイプの内燃エンジンだよ。
・空気流の燃焼(膨張)時に、その燃焼ガス流の勢いでタービンや圧縮機、プロペラや発電機などへ高速回転運動を伝えるよ。
・発電機や航空機、船舶における主要エンジンのひとつだよ。
 

さらに知りたいなら…

図解 ガスタービン(2012年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

ガスタービンについて、その歴史、他エンジンとの差異、各構成パーツ、搭載される輸送機械、その他材料や燃料など、イラストつきで幅広く学べる1冊です。

ガスタービンについて興味のある方がこれから学びはじめるのに良い書物だと思います。

 

つまり…

ガスタービンエンジンとは

 燃焼ガス流によってタービンや圧縮機、プロペラや発電機に回転運動を供給する内燃エンジン

という技術個体です。

 

出力程度が頻繁に変わると熱効率がわるくなるから小回りが利かない分、大出力を安定して供給するには最適なエンジンのひとつじゃな。

歴史のツボっぽくいうと…

1939年 ドイツのハインケル社が、世界初のターボジェットエンジン搭載の

     航空機He178を初飛行させる。

1950年代~ 航空以外の分野(戦艦、鉄道、自動車、発電など)で

      ガスタービンエンジンが利用されはじめる。

 

 

<参考文献>(2018/09/09 visited)

ガスタービンエンジン - Wikipedia
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/jetlab/gtsj/
タイトルとURLをコピーしました