#2020/09/17 縦割りが生じるくらい、『行政機関』はたくさん分かれていたりします。

船舶

技術個体
関連用語
 製造物
 └運動の技術
  └輸送機械
   └船舶
    ├商船
    ├作業船
    ├漁船
    ├艦艇
    └小型船
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この用語のポイント

・水面に浮いて推進する乗り物だよ

簡単にいうと…

船舶とは

 水面に浮上したまま推進する乗り物

という技術個体の総称です。

日常的には「船」と呼ばれます。

詳しくいうと…

海辺や川辺では、魚が釣れますが、さらに沖に出れば、もっとたくさんの魚を捕まえることができるでしょう。

また、海の向こうには見知らぬ国や島、大陸が広がっており、交易の拡大、軍事の防備のために、海上移動する手段が必要になります。

このような必要性のため、紀元前4千年以上前から、船大工によってしっかり組み立てられた輸送手段、が人類史に登場してきました。

 

分類

6千年前から現代まで、さまざまな仕組みの船が考案されてきました。船の種類のちがいは、船の材質や動力、用途によって異なってきます。

下表は、このうち動力・用途に応じてざっくり種類をまとめたものです:

動力用途船の種類
人力いろいろ櫓櫂船
風力いろいろ帆船
熱機関・電動機輸送用

商船(旅客船貨物船

特殊作業用

作業用船(破氷船など)

漁業用

漁船

軍事用

戦艦

レジャー用

その他個人船(ボートなど)

いろいろ

ホバークラフト

いろんな種類の船がありますが、いずれも水面に浮いて推進するという点ではおなじです。

ただし、ホバークラフトは特殊で、水面上や地表上を浮上・推進します。

 

構造と仕組み

船が浮いたり進んだりする仕組みを、その構造と一緒にみてゆきましょう。

 

浮く

鋼鉄製の巨大船も、沈没することなく水面に浮きます。これはどうしてでしょうか?

答えは、同じくらい巨大な浮力が、上方向へ船体に働くためです。

アルキメデスの原理によれば、浮力は、水を押しのけた体積分だけ押し返されるようにして生じます。

このため船体は、自重(重力)と浮力とがちょうど均衡する深さまで沈みますが、それ以上は沈没しないのです。

 

横風や横波のせいで船体が傾いても、沈みこんだ体積分だけ多くの浮力が生じるため、船はまっすぎに戻ります。これは復原力と呼ばれています。

 

 

 

 

推進する

浮く仕組みがわかったところで、次は前進してみましょう。

多くの船では下図のように、スクリュープロペラが、大型化の容易なディーゼルエンジンなどの原動機の力で回転しており、後方に渦を起こすことで推進力を得ています。

 

操舵する

前進しても、左右に曲がれなければ航行はできませんよね。

船がカーブするには、を操作します。

舵は、スクリュープロペラ後方に設置されており、角度を変えることで渦の生じる方向を左右に操作することができ、船体自身の行き先を左右に変えることができます。

 

 

探知する/される

大海原は広いため、森の中のように迷子になりやすいです。

そのため、一定以上の大きさの船には、無線設備の設置が義務付けられています。

この装置により、各々の船が無線電波をレーダーアンテナから発することで、お互いの位置や船名を知ることができ、事故防止や救急時対応などに役立ちます。

 

止まる

港が近づいてきたので、ブレーキをかけましょう。

けれど、船には自動車のような、急に止まれるブレーキがありません。水上なので摩擦力が働かないためです。

減速のため、スクリュープロペラを逆回転させ、前方に向かって推進力をかけることはでき、これで徐々に船を止めることができました。

 

 

以上みたように、船にはいろんな種類があり、その操作も独特のものであることがわかりました。こうした仕組みで船は動き、異なる大陸間での貿易が行なわれ、今日食べた魚が捕られ、水上レジャーを楽しむことができるのでした。

 

 

・船舶とは、アルキメデスの原理により浮力を得て水面に浮かび、ディーゼルエンジン+スクリュープロペラなどの回転で推進する乗り物だよ
 

さらに知りたいなら…

図解入門 よくわかる最新船舶の基本と仕組み(2017年)   (←画像クリックでAmazonサイトへ)

船の仕組みを中心に、
港湾設備についても若干触れられています。

その他、航海について、船の推進原理についてなど、盛りだくさんです。

船のしくみ パーフェクト辞典(2014年)
(←画像クリックでAmazonサイトへ)

船の構造にはじまり、種類、推進の仕組み、開発史など、豊富な写真つきで幅広く学ぶことのできる1冊です。

船に興味のある方は、この機会に手に取ってみてはいかがでしょうか? 目次はこちらのサイトをご覧ください。

 

つまり…

船舶とは

 水面に浮上したまま推進する乗り物

という技術個体の総称なわけです。

 

船体の体積が大きいほど大きな浮力を得られるから、船体内部をある程度空洞にすれば重量も比較的抑えられ、巨大船でも水面を浮かぶというわけじゃな。水の挙動を試行錯誤で理解してきたからこその乗り物じゃの。

歴史のツボっぽくいうと…

紀元前4千年前 エジプトやメソポタミア地方で、帆船が使用される。

1807年 アメリカの技術者ロバート・フルトンが外輪蒸気船を製造する。

1858年 イギリスの技術者アイザム・K・ブルーネルが

     スクリュープロペラを備えた外洋客船を製造する。

 

<参考文献>(2019/01/05 visited)

船 - Wikipedia
船舶工学 - Wikipedia
舵 - Wikipedia
舵 - Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました